TOP  >  戸松 遥  >  アルバム登録なし  >  ユメノセカイ
ユメノセカイ / 戸松 遥
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
作詞:古屋 真  作曲:南田 健吾
お気に入り歌詞に登録
歌詞投稿者:telait 
プチリリ再生回数:109 回再生
いつからかこの胸で揺れてる光
手放したくはない
遠回りしても つまずいてもここに
ずっとずっと光ってる・・・

遠くに聞こえた金の音が
少し寂しくて
もう一度強く今度は高く駆け抜けた
ただ繰り返す現実も
星の数の願い事も
目指すべき明日を見つけた
この想いには勝てない
目の前に開かれた果てない世界
たとえ仮想(ゆめ)でもいい
迷い続けても胸の奥で強く
ずっとずっと響いてく・・・

幼いリボンを捨てた夜から見た夢は
輝いた街で理想の日々を送ってた
傷つかない場所目指して
翼ばかり求めたけど
この背中にただ一つの
守るものがあればいい
アルバム名なし
発売年:未登録
コメント



コメントを投稿するにはプチリリへの ログイン が必要です。

>>プチリリで歌詞が表示されなかったら

INFORMATION