ひとり旅 / 美空 ひばり
このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録
作詞:吉田 旺/小沢不二夫  作曲:浜 圭介/米山正夫
お気に入り歌詞に登録
歌詞投稿者:SyncPower 
プチリリ再生回数:36 回再生
見知らぬ町の 古い居酒屋で
柳葉魚サカナに ひとりのんでます
扉あくたび ちょっと風が吹き
洗いざらした のれんめくります
死んだあいつが居たら 演歌なんか
うなりそうな 夜更けです
おひとりですかなんて おやじさんに
言われ泪ぐむ 夜更けです

店に流れる「リンゴ追分」が
旅につかれた 心ほぐします
ひなびた店で いつも呑んでいた
あいつの気持わかる 気がします
死んだあいつが居たら 小皿なんか
たたきそうな 夜更けです

★対応同期歌詞サービス
  プチリリ 歌詞ピタ

★「美空 ひばり」の楽曲を
  music.jp



美空ひばり特選オリジナル・ベストヒット曲集Vol.3 1967~1989(真赤な太陽~川の流れのよう


アルバム:「特選オリジナル・ベストヒット曲集Vol.3 1967~1989(真赤な太陽~川の流れのように)」の収録曲一覧
アーティスト:「美空 ひばり」の歌詞一覧


Youtube でひとり旅を検索

この歌詞の問題を報告



発売年:1998-09-19  品番:COCA-70008
コメント



コメントを投稿するにはプチリリへの ログイン が必要です。

>>プチリリで歌詞が表示されなかったら

INFORMATION