ログイン  | 新規登録
歌詞投稿コミュニティ「プチリリ」

TOP > 歌詞 > しらふ
しらふ

アーティスト:amazarashi  アルバム:世界収束二一一六  作詞:秋田ひろむ  作曲:秋田ひろむ  発売年:2016-02-24  品番:AICL-3070

  • お気に入り登録

「自分以外皆死ね」ってのは 「もう死にてえ」ってのと同義だ 団地からの三人称視点 寂れた外壁に吸いさしの煙草押し付け 現場監督の怒号に唾を吐いて夕暮れ もう消えてくれ 未だ歌手としては無名 ぼろぼろになるまで働いて食う飯はうめえ けど明日にはばっくれ 我慢、忍耐とは無縁 こんな僕に光が射すなら早くそうしてくれ 解体作業、ソープ、オフィス、世田谷の小学校 豊かな心、情操教育で現実を描こう アスベスト吸い込み、渡る現場は鬼ばかり 高所作業、安全帯無しで人生綱渡り こんなはずじゃなかった 頭で繰り返し これで何百回目かの人生の振り出し もう無理かもね 祈る気力もない流星 あの日期待した僕の才能、下方修正 努力 積み上げた労力は結局徒労 それなら目の前にある惰眠をむさぼろう 昨日出来たはずの世紀の名曲は 掃いて捨てる程ある駄作にも埋もれる駄作だ 埃だらけの作業服 冷たい視線 山手線 特に原宿より南は痛てえ 俳優、バンドマン、その日暮らしにホームレス 履歴書なしで派遣される工務店 事務所前チューハイで乾杯の晴天 古株の面々 まるで現代の蟹工船 妥協でされるがままの搾取 汗を酒で潤す さながらヨイトマケの唄か山谷ブルース 夢見がちな馬鹿とギリギリの奴らが集い 気がついたら僕もそんな一派の一人


投稿者: PetitLyrics
プチリリ再生回数:315







日本語English

利用規約プライバシーポリシー許諾情報運営会社お問い合わせヘルプ
© 2017 SyncPower Corporation


Page
Top