ログイン  | 新規登録
歌詞投稿コミュニティ「プチリリ」

TOP > 歌詞 > わたがし
わたがし

アーティスト:back number  アルバム:アンコール  作詞:清水 依与吏  作曲:清水 依与吏  発売年:2016-12-28  品番:UMCK-1561

  • お気に入り登録

水色にはなびらの浴衣がこの世で一番 似合うのはたぶん君だと思う よく誘えた 泣きそうだ 夏祭りの最後の日 わたがしを口で溶かす君は わたがしになりたい僕に言う 楽しいねって 僕はうなずくだけで 気の利いた言葉も出てきやしない 君の隣歩く事に慣れてない自分が 恥ずかしくて 想いがあふれたらどうやって どんなきっかけタイミングで 手を繋いだらいいんだろう どう見ても柔らかい君の手を どんな強さでつかんで どんな顔で見つめればいいの 君がさっき口ずさんだ 歌にもたまに目が合う事も 深い意味なんてないのだろう 悲しいけど 君が笑ってくれる ただそれだけの事で僕はついに 心の場所を見つけたよ うるさくて痛くてもどかしくて 想いがあふれたらどうやって


投稿者: PetitLyrics
プチリリ再生回数:20213







日本語English

利用規約プライバシーポリシー許諾情報運営会社お問い合わせヘルプ
© 2017 SyncPower Corporation


Page
Top