Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 春夏秋冬
春夏秋冬

Artist:PLAYEST 

  • Bookmark this page




(ラップ)春の風が 通せん坊 夏の 淡い陽炎-かげろう- 秋の朱-しゅ-の 夕暮れを 冬が 想い更ける-ふける- 結晶 君が 居ない公園を 一人きり 歩いてると 帰りたくなるほど 前に 歩き出せる感情 花開きます 風に舞い散る命なれど いざ!巡る季節の 狭間に 身を賭す-とす- 覚悟で 咲いています (ラップ)棚引く雲の跡 薄れて なお 我が身さえも 「やがて同じ」と 伝えてるよう そう!空即是色-くうそくぜしき- 誰が 儚さに 憂いたとて すべて 包み込んで 「何も変わらない」と 季節は また 廻る-めぐる-よ 足音 1つ 1つ 寂しく響く 君と別れて この道を 雨が"ぽつぽつ" 落ちては滲む 我が定めよ!咲き誇れ! 花開きます 風に舞い散る命なれど いざ!巡る季節の 狭間に 身を賭す-とす- 覚悟で 咲いています (ラップ)春の風が 通せん坊 夏の 淡い陽炎-かげろう- 秋の朱-しゅ-の 夕暮れを 冬が 想い更ける-ふける- 結晶 君が 居ない公園を 一人きり 歩いてると 帰りたくなるほど 前に 歩き出せる感情 (ラップ)咲き誇る花よ! 舞うたび 思い出す 幼き頃の輝き 遠い町並み 懐かしい 友の声が 風に吹かれてく 儚く淡い ホタルの光 追いかけた事を 覚えていますか? 微かに灯る 夢の光へ 仄暗い-ほのぐらい- 道で 君を想うよ 想い出 1つ 1つ 色褪せて行く


Posted By: いしまる
Number of PetitLyrics Plays:211







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top