Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 風

Artist:TOKYO No.1 SOUL SET  Album:Jr  Writer:BIKKE/渡辺 俊美/川辺 浩志  Composer:BIKKE/渡辺 俊美/川辺 浩志 

  • Bookmark this page




ひと月遅れの春の風は 香り高く届いてるだろうか 以前の例えは気にしていないが 意味があるとも思ってはいない おきまりの時間に吹いたそれよりも いくらか余韻か残ればいい さして強くもなく、 弱くもなく そう温くもなく冷たくもなく 絶え間なくただ、ただ、続けていく 壁の向こうの季節に向けて 今更ながら言っておくが この街を出るのを止めにしたからだ 相変わらずの肩すかしなのか 季節は退屈そうな色をする 素晴らしい秘密をばらさぬよう ますます風は意味を辿る 欠伸につられて鳴り響く 壁の向こうから運ばれる音を 風の便りとかぎつけて ギリギリのところで聴いている 木々が揺れる速度はゆっくりたが 確かに縁は深まっている


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:35





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top