Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > お母さん いい加減あなたの顔は忘れてしまいました
お母さん いい加減あなたの顔は忘れてしまいました

Artist:グループ魂  Album:ロマンチスト THE STALIN・遠藤ミチロウ Tribute Album  Writer:遠藤みちろう  Composer:遠藤みちろう  Release Year:2010  Number:KSCL-1244

  • Bookmark this page




おかあさん 雨の信号はいつも横断歩道のわきで ぱっくり口をあけているあなたの卵巣が 真紅にはれ上がった 太陽の記憶をゴミ箱から引きずり出し そしてそこから一匹の虫が こそこそと逃げ出そうと 28万5120時間 の暗闇をめぐりながら 今すぐ夕食の食卓にひんぱんに出された 玉ネギのミソ汁を頭からかぶり ずぶ濡れに なった幸福の思い出を今か今かと待ちわびる 自閉症の子供の通信欄に ぼくのおとうさんは公務員ですと 一人で書き込む恥ずかしさを誰かに教えたくて 放課後の来るのも待ちきれず 教室を飛び出して 一目散に家を めざしたのだけれど もれそうになるオシッコをがまんして 教えられた通り緑色に変ったら渡ろうとしていた 信号が 実は壊れていたんだと気づいたときには すでに終わっていたんです お元気ですか? おかあさん 頭がいいのは ぼくのせいではないと自己主張するたびに 宙ぶらりんの想像妊娠恐怖症からやっと 立ち直った 女の下着には いつも黄色いシミが付いていて 人種差別は性欲の根源であると 公言してはばからない アメリカの政治家の演説をうのみにしたような すがすがしい朝の勃起で ベトナムのバナナのたたき売りを 一目見ようと 片手に自由の女神の電動コケシと 片手に赤マムシドリンクを かかえ込んだ農協のじじいが かわいい孫娘のおみやげにと 上野のアメ横ではやりのジーンズを買い込んで 金を使いはたし家族は運命共同体 だと時代遅れの暴言を吐いて 浮浪者になってしまったあげく殺されてしまった 悲しい話を思い出してはみるのです お元気ですか?


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:117







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top