Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > ロマンティック伝説
ロマンティック伝説

Artist:TOKYO No.1 SOUL SET  Album:BEST SET  Writer:TOKYO No.1 SOUL SET  Composer:TOKYO No.1 SOUL SET  Release Year:2010 

  • Bookmark this page




行き交う人の少ないこの街は 夕陽の欠片で夜を告げる 主人からはぐれて彷徨う犬は 自由と不安に遠吠えする エサを見つけたか走り出し ビルの影に僕を誘うのだ 薄暗いオレンジの灯の下に 金属音は注意を引く 街灯にもたれた一つの影の 視線がうつ向く、心に絡む 絡んだ、それで手繰られるように 彼女のほつれた髪に絡み付く 交わし合った目で返す言葉で 今日は孤独から抜け出せる 時代遅れの指輪をした手で 僕の手をゆっくりと引いていく 長椅子に怠惰な姿勢で座る 彼女の衣装ははだけ、そこから 覗くゆるんだ下腹部が焼きつく 諦めにも似た静かな眼差し 譲れないものを持つ唇 あごを上げたその横顔 うろたえの無いその微笑み 居心地の良い避難場所 全てを脱ぎ捨てる享楽な場所 そこには何かが宿っている 何であるかは判らないが 価値があるのか判らないが とても優しく丁寧に 身体と心で応えてくれる 赤く塗られた短い爪の その手でコーヒーを入れてくれる よじれ絡み付くシーツで首筋に 感じる汗をぬぐい捨てる 目を開けると、光りが飛び込むと 影が浮き立つと香りそびえ立つ 含んだタバコを差しだす君に 午前の光りの熱に苛立ちを


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:13





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top