Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > Sign Of The Innocence
Sign Of The Innocence

Artist:TRF  Album:LOOP # 1999  Writer:売野 雅勇  Composer:朝本 浩文  Release Year:1999  Number:AVCD-11723

  • Bookmark this page




うわの空でキスされながら 君が少年だった頃を 想像した 裸の脚 風に吹かれ 膝についた砂を払うと 星の匂い嗅いだ気がした 君の可憐な魂に触れているようさ Sign of the Innocence 夏の果てへ あの日君が投げたフリスビー 何度夢につまずいても あの青空を飛び続けてる 街の上に止まってる雲に 競技場の明かりが映る 風が吹くたび歓声の波が届く 君に逢うまでそんなふうに 世界中から取り残され 世界の外で生きている 気持ちがしていた Sign of the Innocence 空を過ぎる 損石みたいに孤独な 君の夢は成功ではなくて 少年でいること Sign of the Innocence 夏の果てへ あの日君が投げたフリスビー どんな人に君がなっても あの青空を飛び続けてる 少年の憧れが


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:154





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top