ログイン  | 新規登録
歌詞投稿コミュニティ「プチリリ」

TOP > 歌詞 > ゼロと白~Acoustic Ver~
ゼロと白~Acoustic Ver~

アーティスト:phonon  アルバム:ゼロと白~Acoustic Ver~ 

  • お気に入り登録




夜の帳に 溶け込む僕は ゼロと白を両手に抱えて 夜の彼方 名前の無い星を見つけた 始まりはいつも 孤独の光 ゼロにイチを足したその時に 零れたのは 僅かな淡いドロイメライ ハジマリの駅を超えて 産まれた声は 心の居場所を探し 泳いでく 何処に辿り着くのかも曖昧な 列車の中 未だ見ぬ朝を願う 動き出した心臓はまた鳴らせるか 未来の音を 人は誰でも 孤独の光 虚しさに凍えるような冬空に 流れるのは 名前の無い僕の涙 カナシミの駅に降りて 痛みを覚えた僕等は 誰かの痛みでまた泣く いつかその繰り返しを


投稿者: Ryota
プチリリ再生回数:30







日本語English

利用規約プライバシーポリシー許諾情報運営会社お問い合わせヘルプ
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top