Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 最後から2番目のLOVE SONG
最後から2番目のLOVE SONG
  • Bookmark this page




☆ーーーー “ロフトの窓から星がみえる 手が届きそうとふたり眠る お前と描く未来はスムーズ 離れ離れはダメ それがルール” なんて歌ったふたりの生活も 今じゃ遠い過去に忘れ物 押し殺せずに溢れ出す感情..俺は まだ... “ロフトの窓から星がみえる 手が届きそうとふたり眠る お前と描く未来はスムーズ 離れ離れはダメ それがルール” なんて歌ったふたりの生活も 今じゃ遠い過去に忘れ物 押し殺せずに溢れ出す感情..俺は まだ... 寝ても覚めても考えてしまう ただこっちの世界にはお前がいな い 夢で逢えたらあの頃の続き 同じ時を刻む 哀愁のメロディー そばいる幸せが麻痺する程 近くて甘えてた馬鹿な男 追われれば引いて お前の気持ち離れて 今では俺があん時のお前 後悔の鎖が締め付ける 生涯でひとりの特別な相手 "一番の理解者だけど" なんてクソな言葉は聞きたかねぇ 変わったのはお前の方 結局変われないまま俺はまだ此処 もしも願いに花が咲くなら I'll change.I wanna get you back again. “ロフトの窓から星がみえる 手が届きそうとふたり眠る お前と描く未来はスムーズ 離れ離れはダメ それがルール” なんて歌ったふたりの生活も 今じゃ遠い過去に忘れ物 押し殺せずに溢れ出す感情..俺は まだ... 失ってから気付くお前の大切さ 今さらない安らげる解決策 俺以外の誰かとお前の幸せを願え るほど強くなりたい “ヒトリよりフタリ”じゃなくて


Posted By: たーまん
Number of PetitLyrics Plays:78







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top