Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 清廉なるHeretics
清廉なるHeretics

Artist:Fate/Grand Order  Album:清廉なるHeretics  Writer:九重武広  Release Year:2017 

  • Bookmark this page




鍵をかけて閉じこもっているの? 数えだして痛みの数七つ 眠るまでずっと 黒い鳥が飛んで見えた 小さい猫は去って消えてた 心が枯れるまま叫ぶ その報いを いつか曖昧なままで なくしたイメージの中いて 焚いた火がまた私を焦がすなら 愛を探して巡る箒星を待って 泣いた日々がまた 崩れ落ちていくとしても 鍵を壊して誰とつながっているの? 数えだして視界阻み 騙る偽者打ち壊せ 黒い渦が巻いて見えた 小さい苦しみだけ消えてた 言葉に出来なかったから 今救いを 何時か愛を連れ出して 硬い殻を破り捨てて 耐えた痛みが私を溶かすなら 愛を探して巡る箒星を待って 泣いた日々がまた 霞んで消えるとしても


Posted By: 九重 武広
Number of PetitLyrics Plays:10270







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top