ログイン  | 新規登録
歌詞投稿コミュニティ「プチリリ」

TOP > 歌詞 > 清廉なるHeretics
清廉なるHeretics

アーティスト:Fate/Grand Order  アルバム:清廉なるHeretics  作詞:九重武広  発売年:2017 

  • お気に入り登録

鍵をかけて閉じこもっているの? 数えだして痛みの数七つ 眠るまでずっと 黒い鳥が飛んで見えた 小さい猫は去って消えてた 心が枯れるまま叫ぶ その報いを いつか曖昧なままで なくしたイメージの中いて 焚いた火がまた私を焦がすなら 愛を探して巡る箒星を待って 泣いた日々がまた 崩れ落ちていくとしても 鍵を壊して誰とつながっているの? 数えだして視界阻み 騙る偽者打ち壊せ 黒い渦が巻いて見えた 小さい苦しみだけ消えてた 言葉に出来なかったから 今救いを 何時か愛を連れ出して 硬い殻を破り捨てて 絶えた痛みが私を溶かすなら 愛を探して巡る箒星を待って 泣いた日々がまた 霞んで消えるとしても


投稿者: 九重 武広
プチリリ再生回数:2433







日本語English

利用規約プライバシーポリシー許諾情報運営会社お問い合わせヘルプ
© 2017 SyncPower Corporation


Page
Top