Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 7年目
7年目

Artist:大江 千里  Album:Untitled Love Songs  Writer:大江千里  Composer:大江千里  Release Year:2002 

  • Bookmark this page




海の香りが漂う 単線の駅で降りたら 右手がロータリーさ 山手へ向かうバス 後ろに乗り 屈んでよく見ると 波頭が見える 終点まで来たら 僕に電話をくれないか その先の坂を 上がっておいでよ 夕焼けの海は 何色に見える きみの言葉で 僕は聞きたくなる 7年ぶりの リユニオン プレハブの食堂には 雑種犬が3匹いて 尻尾を振るけれど きみは休んでる時間がない その角から 最後の急カーブが続く 僕はひげを伸ばして 髪を気持ち短くしたんだ きみが今も一人でいると知ってから ロープウェーが見えて 電波が途切れる


Posted By: packexpo
Number of PetitLyrics Plays:15





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top