Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 17℃
17℃
  • Bookmark this page




耳のうらに残るきみを消そうと がむしゃらに駆け出したぼくさ 空車のTAXIと横降りの雨が こびるような強がりを散らす きみの前じゃ たちの悪いぼくさ なんですぐに 憐れむような眼で 幾度も許すの あれからぼくだけが 違う夜を越えてる あれからきみだけが 近い夢を生きてる ひきずるほど幼なくなる ぼくを汚(けが)して リュックにこぼれそうな 背中を張った 右向きの気丈さは嫌さ


Posted By: mackit
Number of PetitLyrics Plays:22







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top