Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 眩しいDNAだけ
眩しいDNAだけ
  • Bookmark this page




工場の煙で止まりますのボタン 知らない所に降りたった途端 ミルクとコンクリートで出来た猫が 私の毒をみて鳴いてくれた 買い物袋から はみ出たネギに ポイ捨てされた銀色のトレーナーに スカスカでとろい脳みそを 不安で満たしても腹減るよ 普段通りの段取り 熟して小慣れて 繰り返して演じるほど 遠ざかるみたい 茹で上がってない 肌に泡を汚すみたい 色が吸えない 味も読めない 孤独が眩しすぎてるほどのDNA 誰も立てないほどの生き映え まだ迷ってしまうけど 街灯がない道だけど 届かない呼吸だけ 有り余る このまま反射しても 何も変わりゃしないことも 過ぎって蔓延るよ 今は傷つくことも願ってる 見たことない光を望むなら 犠牲にしたって本心だけ 誰もわからず乏しい罠 分類したって自尊心は もう 薄暗い朝に委ねるだけ 時々たまに従うまま シナリオ通りに暮らしてゆくなら 悩み方も何も知り得ずに頷くだけ ビリビリに破り始めるだけ 今なら 今ならなだけ


Posted By: カタリン
Number of PetitLyrics Plays:413







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top