Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > おはようクロニクル
おはようクロニクル

Artist:ハハノシキュウ  Album:おはようクロニクル - EP  Composer:小川晃一 & ハハノシキュウ 

  • Bookmark this page




「おやすみ」から朝が始まる、 望んだ月が交わる八月 小さな川から流れたドリフター、 モッシュピットはいつも揉みくちゃ はじめは5人だった初期メンバー、 初ライブからすぐに拗れた 早々に一人が脱退を決め、 始まりはいつも 「がっかり」と「否定」 新メン加入でリスタートして、 ライブは2曲『ドリフター』の締め フロアーガラ空き下北沢three、 走るために気の触れた明日に 向かったはずがメンバーの解雇、 画面にヒビが入ったiPhone 皮肉にもこれが話題となり、 明日走るため眠る二人 そこに目を付けた元研究員、 いつだって混沌を求め過ぎ ギュウゾウさんから クラッカーの洗礼、 あらゆる返り血に染まった路線で 撮影自由のライブを重ね、 少しずつ増えた羊の群れ サポートが入り幅増える迷路、 福山タクのサックスの音色 あれは確か高円寺二万電圧、 羊がステージを睨んでいます 突如現れた謎のラッパー、 あれが最初のラストダンサー 打ち合わせもなく合わせた即興、 最初から何処にもなかった国境 年明けの甘噛みモーニングコール、 「おやすみ」から朝が始まる 翌月からはおやホロバンドセット、 そうそうたるメンバーの演奏 ピロさんタクちゃんに新しい船、 ハシダカズマに小林樹音 フロアー埋まった下北沢three、 音の厚み、気の触れた祭り 馬鹿と知るほどファストラップ、 ハハノシキュウとのラストダンス オケにバンドで適材適所 「アイドルにそれは 出来ないです」と 下馬評すらも切る出刃包丁、 想定外の外を目指そうと 儚い夢も絵で描くと、 Have a Nice Day!と『エメラルド』 スカウターには数値化出来ない、 スカムパーティは終止符打てない ギュウ農フェスに夏の魔物、 エメラルドグリーンに染まる後も ファーストアルバム 『おやすみホログラム』、


Posted By: Melody
Number of PetitLyrics Plays:18







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top