Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 元禄名槍譜 俵星玄蕃
元禄名槍譜 俵星玄蕃

Artist:島津亜矢  Album:BS日本のうた 

  • Bookmark this page




元禄名槍譜 俵星玄蕃 島津亜矢 槍は錆びても 此の名は錆びぬ 男玄蕃の 心意気 赤穂浪士の かげとなり 尽くす誠は 槍一筋に 香る誉れの 元禄桜 姿そば屋に やつしてまでも 忍ぶ杉野よ せつなかろ 今宵名残りに 見ておけよ 俵崩しの 極意の一手 これが餞(はなむ)け 男の心 涙をためて振り返る そば屋の姿を呼びとめて せめて名前を聞かせろよと 口まで出たがそうじゃない 云わぬが花よ人生は 逢うて別れる運命とか 思い直して俵星 独りしみじみ呑みながら 時を過ごした真夜中に 心隅田の川風を 流れてひびく勇ましさ 一打ち二打ち三流れ あれは確かに確かに あれは山鹿流儀の陣太鼓。 ♪ 「時に元禄十五年十二月十四日 江戸の夜風をふるわせて 響くは山鹿流儀のの陣太鼓 しかも一打ち二打ち三流れ 思わずハット立ち上がり 耳を澄ませて太鼓を数え おう、 正しく赤穂浪士の討ち入りじゃ 助太刀するのはこの時ぞ もしやその中にひるま別れた あのそば屋が居りわせぬか 名前はなんと今一度 逢うて別れが告げたいものと けいこ襦袢に身を固めて 段小倉の袴 股立ち高く取り上げし 白綾たたんで後鉢巻き眼のつる如く なげしにかかるは先祖伝来


Posted By: ricorin
Number of PetitLyrics Plays:29





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top