Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 私の歌
私の歌

Artist:上野優華  Album:今夜あたしが泣いても  Writer:中尾孝年&ファンの皆さん  Composer:木村美保  Release Year:2020-03-18  Number:KICS-3902

  • Bookmark this page




初めての東京はキラキラして まっすぐに見ることができなかった。 でも、そのキラキラの先には 夢にまで見た世界が待っているはずだから 私は急いで手を伸ばした。 いつからだろう? こんなに歩くのが早くなって。 いつからだろう? こんなに早口で話すようになって。 いつからだろう? こんなにあきらめるのも早くなって。 東京にはたくさんの希望がある。 そして、同じ数だけの絶望がある。 だけど私は歌う。 だから私は歌う。 自分への頑張れを歌に込めて。 あなたへの頑張れを歌に込めて。 東京の人混みは想像以上で よけながら歩くのが苦手だった。 でも、人の数が多いほど 戻ってくる歓声も大きいはずだから 私は夢中で歩き続けた。 いつからだろう? 上手く笑える様になって。 いつからだろう? 上手く褒められる様になって。


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:14





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top