Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 独白
独白

Artist:amazarashi  Album:ボイコット 

  • Bookmark this page




私が私を語るほどに 私から遠く離れてしまうのは 何故でしょうか? 身を投げた漆黒の太陽が 遺言のごとく焼き付けた ひと夏の影絵は トイレの汚物入れの中で 真っ赤に滲んで 泣きじゃくるばかりです 殴られた痣はすぐ消えてしまった いっそ消えずに一生残ればよかった 誰かを憎む理由を この身体に誇示して 全てを切り裂く免罪符となれ 物心ついた私は白痴でキチガイで あなたがそう呼ぶから それにふさわしい人間になった 「どこにでもいる 真面目な子でした」 「まさかあの子が」 世間様の暇つぶしに 辱められた自尊が 良からぬ企みを身ごもるのも必然で 言葉を殺した あれが死に損ないの言葉ゾンビ 『言葉を殺した』 という言葉だけが残った 途方に暮れた十五歳の夏 流れていった涙や後悔の時間に 今更しがみつくほどの 未練は持ち合わせず 過去の痛みが全て 報われたわけじゃない 私の痛みは君の失望にこそ芽吹く この物語はフィクションであり 実在する事件、団体、人物との いかなる類似も必然の一致だ だが現実の方がよっぽど無慈悲だ ひぐらしの声 夕涼み 恋占いはフルスモークの ハイエースに連れ去られた 精霊は事件性にも宿るか 底なし沼の水面にたかる 虻達の祈りか 被虐者の呪いか 愛されなかった分や 報われなかった分や 人それぞれの身体に空いた 無数の穴ぼこ 埋め合わせる為に 犠牲になった何かが 差し詰め生涯悔やむことになる むごたらしい致命傷 通り魔や殉教者や 死にたがりの志願者 結局のところ誰もが未来の加害者 「まさかあの子が」 と口走る前に顧みる 私の過去の痛みは


Posted By: 晴曇空
Number of PetitLyrics Plays:1658





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2022 SyncPower Corporation


Page
Top