Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 小説 夏と罰 上
小説 夏と罰 上

Artist:傘村トータ  Writer:傘村トータ  Composer:傘村トータ 

  • Bookmark this page




その日は、夏を嫌悪するには十分す ぎる空だった 汚れのない青がどれほど憎らしかっ たか 理解など求めても無駄であろう 自分の存在はこの世界に1ミリ足り とも傷を残せず 生を受けたのも神の気まぐれ 対して、全てから祝福されている君 は煌煌と 「夏、終わるの寂しいよな」 君の屈託のない笑顔が私の喉を一掴 み 絞めるでもなく、ただただ罪悪感を 植えつける 信頼も友情も塗り潰しうる劣等感と 私は共生し続けるのか 君を壊してやりたいと思った そんな自分を恥じてもいたが 一度でいい、聖人のような思考を歪


Posted By:
Number of PetitLyrics Plays:13





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top