Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 掌

Artist:松尾太陽  Album:うたうたい  Writer:松尾太陽  Composer:松尾太陽/山口寛雄  Release Year:2020-09-02  Number:ZXRC-2069

  • Bookmark this page




夜行バスの窓から いつも見ている景色 孤独な午前3時 月明かりが頬を濡らしてく 眠れない夜を過ごして 誰にも上手く言えなくて 大人になんてなれないな 1人隠れている夜に 明日が手を伸ばしてる 消えそうな夢も 届かない光も 僕にはきっとまだ 早過ぎたのかな... 溢れだした想い ギュッと離さない様に 胸の奥、しまっておくよ 「大丈夫だから...」背伸びした声が ぼやけた未来を 鮮やかに照らす 真実(ほんとう)の自分を見つけ出す 僕は都会(ここ)で生きてく 冬風に冷えた手を 目線高くかざして 空色に染め上げた指先に 決意受け止める 汚(けが)れない時代(とき)を過ごして 限界、作りたくなくて 自分の居場所、探してた だけどもう振り返らずに 明日の扉を開けよう


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top