Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 天才の種
天才の種
  • Bookmark this page




戻らない時間を 笑って振り返れるよう 手にしていた種に 水をやり続けてきたんだ 芽が出ますように 迷わず育ちますように 憧れるままに 未来を描いていても 明日の自分も どうなっているか楽しみで 見ていてくれる人は 太陽みたいに思っていた 焦ったり涙で濡らして 枯らしそうにもなったけど 大きくなればいい そう思っていた スタートを切ることも 限界を決めるのも 誰も邪魔出来ないから 僕が持っていた種は 何の実がなるんだろうって 「続ける」ことはやめないから 騒がしい教室の 隅っこで話していた あの言葉は夢になって いつか光を浴びるとこ 僕は見てみたいんだ 脇目も振らずに 見様見真似で磨いたり 先に伸びたやつを 横目で見たりもしたけれど 僕は僕でいいじゃん これでいいって


Posted By: Spotify User
Number of PetitLyrics Plays:13





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top