Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 溶けない109号室
溶けない109号室

Artist:アヤメ  Album:YouTube 

  • Bookmark this page




街路灯に灯りが点く グレイの空、溶けてゆく 外れの公園で冷めた瞳の君と出逢う 降り積もる雪のように 出逢いの刻は重なる その瞳が熱を帯びた気がした 手と手を重ね合わせて、 営みを交わして、 口付けして、 何処か血の味がして たとえば、あの日に見た一幕が 幻ではなかったとして それが君を遠ざける理由にはならな い だから、僕は君を欺くよ その瞳を曇らせはしないよ 震え、止まれ、止まれ 罪を看過する僕にその資格などない 穏やかなる朝食 途絶えてゆく消息 君の首に赫い跡、滲んでいた ささやかなる微笑みを、 硝子のような声を、 守る為に秤を傾けるよ 絡まり合う糸を強く引き合う それは僕が選んだ運命 解くことのできない 硬く、脆い意図だ


Posted By: noman
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top