Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 華の刻
華の刻
  • Bookmark this page




華の刻 町から町へと旅烏 当てになるのは技一つ 浮世の波に流されぬ 頼りになるのは芸一つ 汗も苦労も古傷も 拍手の音で消えてゆく とうに忘れた青春も ライトを浴びて蘇(よみがえ)る 幕が上がり切っ掛けを待つ 初夜か逢瀬か果たし合い 舞台(ここ)に生きて生かされて 咲いて咲かされ 歌い続ける あなたが あなたがいる限り 華として生きましょう お客が席に座るころ 鏡の我が目と見つめ合い 芝居の役の別人に


Posted By: crazyboss
Number of PetitLyrics Plays:7





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2022 SyncPower Corporation


Page
Top