Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 桜の唄
桜の唄

Artist:H△G×Chiho  Album:f分の1ゆらぎ 

  • Bookmark this page




四月の駅のホームは、 出会いと別れの中、 ひらひらと舞う桜が、 この町をまた彩る。 日が暮れるとまだ寒く、 夜の帳が 僕らを包み込んだ。 そう、 出逢いと別れ繰り返して、 僕らは大人になってゆく。 あぁ、 桜舞う日の 四月の空を見上げて、 君は何を思うだろうか? <♪> 別れのその先には、 出会いがあるのならば、 出会いの先にもまた、 さよならがあるのだろう。 それでもまた僕らは、 桜の唄を歌い続けるんだ。 そう、僕がいたこと。 君がいたこと。


Posted By: arkn
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top