Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 22.7
22.7

Artist:OHMI  Album:Tokyo Collection  Writer:OHMI  Composer:OHMI, Jee Juh & Tone Jonez  Release Year:2021 

  • Bookmark this page




朝焼け鳴き出す牢の鳥 雨垂れ鳴り虚空を望み 今日を泳げず跳ねるトカゲ 夜明けを彷徨う鶴と亀 あなたをなぞる。濡れた袖 儚い思いからかう。揺れた声 ほのか枕に残る移り香は 愚か流るゝ糸で私をくくる 視線外す、会話も出来ずに 上手く笑える事も出来ずに まるで人形 ただ乱暴に 「独りよがりに踊るのね」 月が切り裂いた恋心 時間をかけ無くす拠り所 2人一つの未来は諦めた 羽根を無くしたナミアゲハ 逢うた初会にすいたが因果 みんなそなたがあるゆえに 笑うて悲しい座敷を抜けて 泣いて嬉しい主のそば 老けた座敷をこっそり外し 色気離れた大あくび つねりや紫。食えつきゃ紅 色で固めたこの体に 引きずり回される心


Posted By: TuneCore Japan
Number of PetitLyrics Plays:0





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2022 SyncPower Corporation


Page
Top