Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 想像フォレスト
想像フォレスト
  • Bookmark this page




夏がノックする 窓を開けてみると 何処からか 迷い込んだ鳥の声 読みかけの本を置き 「どこから来たんだい」と笑う 目隠しいしたままの午後三時です 世界は案外シンプルで 複雑に怪奇した 私なんて 誰に理解もされないまま 街外れ、森の中 人目につかないこの家を 訪れる人など居ない訳で。 目を合わせないで! 固まった心、一人ぼっちで諦めて 目に映った無機物(もの)に 安堵する日々は 物語の中でしか知らない 世界に少し憧れることくらい 許してくれますか? 淡々と流れ出した 生まれてしまった理不尽でも 案外人生なんで。私の中じゃ。 ねぇねぇ、突飛な未来を 想像してして膨らむ世界は 今日か明日でも ノックしてくれないですか? なんて妄想なんかして 外を眺めていると 突然聞こえてきたのは喋り声 飲みかけのハーブティーを 机中に撒き散らし 「どうしよう...」と、 ドアの向こうを見つめました。 目を合わせると石になってしまう。 それは両親に聞いたこと 私の目もそうなっている様で


Posted By: りょう@絶滅天使
Number of PetitLyrics Plays:14303





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top