Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 明けない夜が来ることはない
明けない夜が来ることはない

Artist:槇原 敬之  Album:明けない夜が来ることはない  Writer:槇原 敬之  Composer:槇原 敬之  Release Year:2005-05-18  Number:TOCT-4869

  • Bookmark this page




窓に映るのは一つ 頬杖を付きながら 明けない夜を信じてしまいそうな僕だけ 今このスタンドを消せば世界は僕の心と同じ 上か下かも解らない暗闇に飲まれそうだ あまりにも違う高さの襟もとに目がいった 僕はボタンを掛け違えたままシャツを着ている 例え人を責めても自分の事は一度も 省みず生きてきた僕の本当の姿だろう 掛け違えたボタンを自分で 正せたのならば 「今からでも遅くないか」と 心に問いかけた その時 この暗闇を切り裂くように 光の筋が走って この心で生きていく世界が 朝に照らされて広がっていく 同じような過ちを誰もが持っているのは 他人を許せる広い心を持てるため 無駄なものでいっぱいの心の中から


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:557





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top