Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 十六夜シーイング
十六夜シーイング
  • Bookmark this page




<♪> ファインダー越し 雨降りに浮かぶ星に ほんの少し 弱音とか吐いてみたり 光同士を 指で線繋ぎ 名前のない星座を創る日々だ ……ひとり 何万何億光年も旅してきた ヒカリがこんなに優しいのは どうして? もしも涙を星屑に変えられたなら ねぇ ボクも強くなれるのかな <♪> にわか雨をようやくやり過ごしたら 次の雨がもうそこで待機してた 「雨続きのその後は 晴れが続くよ!」って 笑って傘をさしてくれた 期待に応えられずに 輝けないボクを眩しそうにみるのは


Posted By: からぴん
Number of PetitLyrics Plays:2795





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2023 SyncPower Corporation


Page
Top