Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 絶対零度ファンク
絶対零度ファンク
  • Bookmark this page




孤独なんてそう万華鏡 四方八方を照らし出してる 夢喰いの怪物が 真夜中の僕を喰らい尽くす 馴れ合いの言の葉が 四方八方を照らし出す僕 奇跡を待つ前に 走り出さなきゃと気づいたんだ 描き出す未来なら カラフルなほうがいいさ 紡いだ絆の数 星のように降り注ぐから いつか絶対零度のこの世界 極彩色に染める日まで 暗がりの森の中手探りでも 進んで行けるから もしも道を見失った夜は 君という名の星探すよ 凍えるような時だって 照らしてる 光感じてる いつでも 届くなんてそう幻想 四方八方に手を伸ばしても 夢喰いの怪物が真夜中の


Posted By: 餡子
Number of PetitLyrics Plays:87





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top