Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 少年ブレイヴ
少年ブレイヴ

Artist:じん(自然の敵P)  Writer:じん(自然の敵P)  Composer:じん(自然の敵P) 

  • Bookmark this page




「虐めないでよ」って泣いてばっか り (「いじめないでよ」ってないてば っかり) 震えちゃうのも仕方ないのです (ふるえちゃうのもしかたないので す) 孤独を敏感に恐れている (こどくをびんかんにおそれている) 少年の僕を『勇気』は嫌った (しょうねんのぼくを『ゆうき』は きらった) 同じ様に雨に濡れている (おなじようにあめにぬれている) 子犬に理解を求めていた (こいぬにりかいをもとめていた) 自分勝手に抱き寄せていた (じぶんかってにだきよせていた) 「君は僕を虐めないよね?」って言 って (「きみはぼくをいじめないよね? 」っていって) 「『友達』になろう。言葉じゃない ところでさ。 (「『ともだち』になろう。ことば じゃないところでさ。) 話がしたいよなぁ」 (はなしがしたいよなぁ」) そんな僕に 悲劇が待ってた (そんなぼくに ひげきがまってた) 聞こえたんだ 声が盛大に (きこえたんだ こえがせいだいに) 閉ざした脳を ノックする (とざしたのうを のっくする) 「あいつは汚い」「そいつを騙そう 」 (「あいつはきたない」「そいつを だまそう」) 「大嫌い」「死んじゃえよ」 (「だいきらい」「しんじゃえよ」) なんて (なんて) 『思いの声』が一斉に (『おもいのこえ』がいっせいに) 拒んでいたってノックする (こばんでいたってのっくする) 言葉にしない心が 突き刺さって (ことばにしないこころが つきささって) もう泣きそう (もうなきそう) 「希望を願った罰だ」って (「きぼうをねがったばつだ」って) 孤独網の騒音は (こどくもうのそうおんは) 僕にこんな代償を (ぼくにこんなだいしょうを) 植え込んでいた (うえこんでいた) そして今日も声は責め立てる (そしてきょうもこえはせめたてる) 流れ込んで僕を溶かしていく (ながれこんで ぼくをとかしていく) 他人の心理を盗み取れる (ひとのしんりをぬすみとれる) 面妖な僕を誰もが嫌った (めんようなぼくをだれもがきらっ た) 逃げ出そうと外へ飛び出せ (にげだそうとそとへとびだせ) ここじゃもう 息も出来ないから (ここじゃもう いきもできないから) 街の憎悪の 目を避けてさ (まちのぞうおの めをさけてさ) 僕はそっと駆け出した 何処かへと (ぼくはそっとかけだした どこかへと)


Posted By: りんご
Number of PetitLyrics Plays:35





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top