Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 1992☆4##111 (二宮SOLO)
1992☆4##111 (二宮SOLO)

Artist:  Album:僕の見ている風景  Release Year:2010 

  • Bookmark this page




恥ずかしいから、 君には暗号で送る事に決めたんだ。 そうしよう。 ヒントはそうだな。 "好きだよ"とかそんなかっこいい 言葉じゃない。 でも不思議だな…。 好きな人にも、嫌いな人にも 同じだけ伝わる この言葉はそう、今なお残る 唯一の魔法かもしれない…。 多分そうなんだ。きっとそうなんだ 。 当たり前に存在するものなんだ。 だから僕はそれを"暗号(とくべつ)" にしたんだ。 こっそり誰にもバレないように…。 そしたら自分だけの意味を 考え出すだろうな。 見つからなくて、 必死になって探す君は あまりにも可愛くて。 ヒントはそうだな。 "ごめんね"とかと よく一緒にいるかもね。 ちっちゃい子だって、その親だって 、 誰もが使っている魔法なんだから。 もしも僕にも子供が出来たら。 迷わず最初にこれを教えよう…。


Posted By: former member
Number of PetitLyrics Plays:55





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top