Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 幻の季節
幻の季節

Artist:曽我部 恵一  Album:LOVE CITY  Writer:曽我部恵一  Composer:曽我部恵一  Release Year:2006  Number:ROSE-45

  • Bookmark this page




新しい日ぼくは一人立って 光の中で息を詰まらす 街の音が足もとに流れ込んで ジーンズをまぶしく染めてしまう いつの間にか宇宙の塵になって 降り注ぐ月曜日の調べ それはちょっと優しいときのきざし それはきっと確かな眼差し ゆっくり浮かんでく 透き通ったブルーが 空に引っ掛って 揺れる揺れる いつまでも 幻の季節 乱反射する奇跡 今日がそっとふるえる ぼくは風に身をまかせたままで 緑色の光線の中に立って 時がこぼれ落ちるのを見てる 通りにはまた思い出があふれ出して あらゆる人に哀れみをかけている


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:18





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2022 SyncPower Corporation


Page
Top