Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 裸足のきみを僕が知ってる
裸足のきみを僕が知ってる

Artist:谷山 浩子  Album:しまうま  Writer:谷山浩子  Composer:谷山浩子  Release Year:1996  Number:YCCW-10152

  • Bookmark this page




思い出して きみが どんな暮らしを どこでしていても 僕ときみの命をつなぐ絆は 生きていく 今をこえて すべてを過去に変えて 時代はすぎていくけど 裸足のまま 歩いてる きみを きみを 僕が知ってる 忘れないで この部屋のドアは いつもあけてある いろんな時がある 幸せな時 急ぎ足のとき 深い亀裂の底で 見えない空を見上げてる そんな時も やさしくなれなくても 自分を責めなくていい
 Posted Comments
◆ 1998年:オリジナル盤 PCCA-01024 ◆ 2011年:Blu-spec(紙ジャケ仕様)YCCW-10152


Posted By: よこなつ
Number of PetitLyrics Plays:18





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top