Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 冥夜花伝廊
冥夜花伝廊
  • Bookmark this page




己をはらはら花に例えて 散りぬるを… 摘みあぐねた紅蓮の霊を さらう彼の日 荒れし胸より 恐るるまま命は羽搏いて やがて やがて 天の果てに 朱く染まれ すれ違い綺羅の夢を 与えたもう 待ち侘びて冥夜にさまよい 共に燃えようか 想いがはらはら舞う故に 私は迷いを禁じて 無限の回廊より生まれた 絆を更なる空へ 捕らわれしの我が身よ屠れ さそう手には 消えぬ誓いを 震える身を瞼に焼き付けた いずれ いずれ 天に昇ろう 熱き血潮 涌き上がり浄土に咲けと 願いたもう 君在りて千夜のなみだは


Posted By: odin
Number of PetitLyrics Plays:372







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top