Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > Unbreakable
Unbreakable

Artist:野島健児  Album:Between the lines 

  • Bookmark this page




僕は正しいかい? 午前5時46分 夜の沈黙と朝の饒舌 一日がグラデーションで 僕の視界に広がってゆく 朦朧とした脳から溢れだす 夢の残骸をゴミ箱に投げる 錆ついた時間から解放されようと 執行猶予の運命が回りだす 午前6時15分 けたたましく鳴るアラーム この瞬間にも誰かが生まれ どこかで誰かが死んでいる しびれた瞼が跳ねるのを抑えて 冷蔵庫から飲みかけの水を取り出し ここにも命があることを自覚するた めに 深い渇きに向かって流し込む 僕は正しいかい? 午前8時45分 増殖するニュースに感染 性善説に足を取られ 躓いた現実の段差で あっけなく心を折られる そうだ 僕は無関心という過失を繰り返し 無感情のロープで体を縛りつけ 軟弱な達成感に翻弄される 自分を守ろうとしている 午前9時11分 ゆるい倦怠ときつい衝動 靴をどちらから履くか そんなことですら決断できない ほんのわずかな迷いのかけら 未来は思いがけない方向へ 想像の限界に怯える つまりあっけないカオスの奴隷 僕は正しいかい? 君が正しいかい? 僕はほんとうに正しいかい? それとも君が正しいかい? 午前11時23分 泥濘を行く足音のせいで頭が痛い 鎮痛剤を握ったまま躊躇する これは世界の陰謀かもしれない やっぱりそうだ 無数の監視カメラと目が合う 使い古された愛の言葉を飲み込んだ 唇の動きを読まれているに違いない 午後0時03分 灰色の空から溢れる電車の窓が 摩耗したフィルムのように 新宿のビルを捕らえてゆく まわりも向かいも見えない何処かで 重たい息を逃れようと スマホの画面と戯れる指先が リアルタイムに孤立を深める 午後1時29分 切らしていた猫の餌のこと リスケしなければならない 来週の仕事 ルーズな希望と几帳面な絶望 膝が少し痒いけれど動けない 飽和状態の個人的感情 僕は常に地球の裏側で生まれた 蝶の羽ばたきと繋がっている 僕は正しいかい? 君が正しいかい? 僕はほんとうに正しいかい? それとも君が正しいかい? 午後2時46分 いつか逢った気がする人で溢れた街 僕は無防備な素顔をさらしているの に


Posted By: Mone
Number of PetitLyrics Plays:44





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top