Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > ビルカゼスイミングスクール feat.SALU
ビルカゼスイミングスクール feat.SALU

Artist:中島 美嘉  Album:Forget Me Not  Writer:中島美嘉/SALU  Composer:Miss-art/Macka-Chin/Shingo Suzuki  Release Year:2016-11-02  Number:AICL-3204

  • Bookmark this page




人がみんなもし星だとしたら 今自分はどのあたりなんだろうか? それも見えない 眠らない街の真ん中 聖者たちの行進もしばし休憩さ 毎日お祭り騒ぎみたいなのに どうしてあの子はいつもひとりぼっち こんなジェットコースターを両手放しで 謳歌してる人は皆なんか楽しそうで せっかく夢の為にここに来たのに バイト以外ずっと泥のように眠る羽目に How Many Times 欲に負けるこれで何度目だ? 今度こそは絶対助け出すよアンドロメダ だから僕に泳ぎ方を教えて下さい 早く長く息を止められるようになりたい ひとり谷を歩き帰路につく時 誰かの影が屋上で揺れるのを見た 広い 広い 世界へと踏み出して Yeah 今 (優しさに触れたとき笑顔でいれる人に) 怖がることはない 自由な日々 Yeah (笑顔でいれるように) 心開き手を開いて 受け入れてみて Yeah (沢山の出会いに 感謝できる人に) 大丈夫 大丈夫 正解は一つじゃない Yeah (良いものには良いと 言える勇気ある人に) Swim Swim 眠らない街をこう Swimming この街になるリンゴたちは美味しすぎる ひとつもぎとって風に乗ってかじりつけば 次の一年もまた一瞬で通り過ぎる 冷静と情熱の間バタフライ 帰りたい だけど今は道がまだ暗い 遠く離れているあいつとの交信も更新せず たまに入るメールどうしてる? 形いい服で誰かの傘を差して 最先端の髪型ではじめまして 嫌なところ良いところすらも捨てたり 隠してハグしてもやっぱなんか馴染めなくて 人と目が合うのが嫌で下を見ていた


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:644







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top