Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 風待ちの日々
風待ちの日々

Artist:甲斐 名都  Album:ナミダの成分  Writer:甲斐 名都  Composer:甲斐 名都  Release Year:2007  Number:XNCF-10001

  • Bookmark this page




つけっぱなしのテレビは さっきから誰かを責めたてて 悦にひたる 蔑んだ目で眺めてた 「私みたいだ」とイラつきながら やりたい事とか夢とかは 描くとこから始まるはずなのに いつからキャンパスを眺めるだけで 自分を満足させられる ようになった? 膝を抱えて 蒼を見上げて 誰かが迎えに来てくれるのを 待っていた 今日も明日も 何も起こるはずがなくて 停滞した未来を想い 途方に暮れた 風待ちの日々 ブラインド越しに見下ろす街は 縞模様で味気ないねずみ色 誰かが書き殴った壁の落書きだけが 静かに叫んでる いつだって「ことば」の後ろ側 知りたい 必死で目を凝らしてた 築いた小さな城から


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:8





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top