Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 零れる砂のアリア 終章
零れる砂のアリア 終章

Artist:霜月はるか  Album:零れる砂のアリア  Writer:日山尚  Composer:霜月はるか 

  • Bookmark this page




蒼い砂が、 さらさらと零れ落ちていく 倒れた男の命が尽きるその時まで 砂時計握る指は 氷のごとく動かず 君が居た時代は去りゆく 濁る視界 重き瞼 二度と映らぬ世界も 永き悪夢さえも 嗚呼―― FEL FERY SHERIA. SHERIA ENDY FEL 遠く懐かしく呼ぶ 目覚めの歌声 光灯すのは 君がなぞる旋律 落ち込む僕を励ましたいと 歌う君のほうが 今にも泣きそうで 可笑しかった…だから笑った 君と最後に逢ったあの日から 僕だけが悪夢(ゆめ)に取り残され


Posted By: e-onkyo
Number of PetitLyrics Plays:12





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top