ログイン  | 新規登録
歌詞投稿コミュニティ「プチリリ」

TOP > 歌詞 > 鼻から牛乳 -第2章-
鼻から牛乳 -第2章-

アーティスト:嘉門 達夫  アルバム:鼻から牛乳 -第2章-  作詞:嘉門 達夫  作曲:嘉門 達夫 

  • お気に入り登録




鼻から牛乳 鼻から牛乳 鼻から牛乳 宿題忘れて出る授業 先生に問いつめられる 「おまえ宿題どうしたんだ」 「え!?あっハイあの 宿題はやったんですけど ノ、ノートを家に忘れました」 「じゃあ今からノートとってこい」 チャラリー鼻から牛乳 「そそそ そんな事 言うたかて… お母ちゃん…」 「誰がお母ちゃんやねん」 チャラリー鼻から牛乳 雑誌のイラストコーナーに Hなイラスト 必死で書いて ポストに入れたら 住所が間違ってて家に戻ってきた 「あんな絵 書いてる ヒマがあったら勉強しなさい」 チャラリー鼻から牛乳 むちゃくちゃHな本を ベッドの下に隠して 学校から帰って来ると 「ベッドの下の本 机の上に置いといたから」 チャラリー鼻から牛乳 夜中にこっそり起き出して テレビのある部屋にそーっと行き アダルトビデオを見てたら オヤジがいきなりドアを開けた 「何見てるんだ」 チャラリー鼻から牛乳 あわててストップボタンを 押そうと思ったら 間違えてポーズボタン チャラリー鼻から牛乳 あの娘の家にラブコール 彼女がデンワに出たと思い 「あっ もしもし ボクちゃんでちゅよー 明美ちゃんでちゅかー?」 「明美?出掛けてます」ガチャッ チャラリー鼻から牛乳 鼻から牛乳 鼻から牛乳 鼻から牛乳 休み時間の女子トイレ ウワサ話で盛り上がる 「あの娘 サイテーよねー」 「ほんとサイテー この間もワタシさぁ 意地悪されちゃってさぁー」 「性格悪いったら ありゃしない あれじゃー男ができるわけ ないわよねぇ えっ? どうしたの?なに?後ろ?」 「悪かったわね」 チャラリー鼻から牛乳 彼とは始めてのHホテル 最初のフリして中に入る


投稿者: PetitLyrics
プチリリ再生回数:21







日本語English

利用規約プライバシーポリシー許諾情報運営会社お問い合わせヘルプ
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top