ログイン  | 新規登録
歌詞投稿コミュニティ「プチリリ」

TOP > 歌詞 > 灰色と青
灰色と青

アーティスト:米津玄師 + 菅田将暉  アルバム:BOOTLEG  作曲:米津玄師 

  • お気に入り登録




袖丈が覚束ない夏の終わり 明け方の電車に揺られて思い出した 懐かしいあの風景 たくさんの遠回りを繰り返して 同じような街並みがただ通り過ぎた 窓に僕が映ってる 君は今もあの頃みたいに いるのだろうか ひしゃげて曲がった あの自転車で走り回った 馬鹿ばかしい綱渡り 膝に滲んだ血 今はなんだかひどく虚しい どれだけ背丈が変わろうとも 変わらない何かがありますように くだらない面影に励まされ 今も歌う今も歌う今も歌う … 忙しなく街を走るタクシーに ぼんやりと背負われたまま くしゃみをした 窓の外を眺める 心から震えたあの瞬間に もう一度出会えたらいいと強く思う 忘れることはないんだ 君は今もあの頃みたいに いるのだろうか 靴を片方茂みに落として探し回った


投稿者: なーな
プチリリ再生回数:53546







日本語English

利用規約プライバシーポリシー許諾情報運営会社お問い合わせヘルプ
© 2018 SyncPower Corporation


Page
Top