Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > サークルバンドに光を
サークルバンドに光を

Artist:ヤバイTシャツ屋さん  Album:Galaxy of the Tank-top  Writer:こやまたくや  Composer:こやまたくや  Release Year:2018-01-10  Number:UMCK-9934

  • Bookmark this page




なあ、話にならない 話をしようや 恥ずかしげなく もっと格好つけられたり出来たら ええのになあ ずっとあの頃のままの気持ちが抜けんでいるんや 身内すら盛り上がっていない ガラガラの客席 冷たい視線 レスポンスのない虚しい時間 共演者には馬鹿にされていた 何が誰が正しいとか 分からへんけど 悔しい思いは忘れへんようにしような サークルバンドに光を サークルバンドに光を 鼻で笑われて 見向きもされんな サークルバンドに光を 照らしておくれよ もうやめられへんところまで来てしまいました いつだって自分のペースで やりたいことだけやりたいって わがままなことを言ったって 駄目やって分かってるけど やっぱりまだやめられない 好きなように 好きなだけ 歌うだけ 難しい事は分からんし 分からんままのがおもろいし 楽しいことばっかりやのに 平凡に悩んでる それでいい 今はそれでいい いつまでもネクストブレイクで 誰でも使える言葉を使って誰にも歌えん歌を歌う ノリと勢いだけ そんなことないと 分かる人は分かってるはず 自分で自分を肯定してやっと保っている


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:2628





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top