Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 芥の部屋は錆色に沈む
芥の部屋は錆色に沈む
  • Bookmark this page




どうしてこんなに、僕の生活は 朝にだって昼にだって夜にだって理 不尽に苛まれ どうにもできない、散らかった部屋 の隅で泥水を口に含んでも 「誰が僕を救ってくれるの?」 背後に張り付く視線は、 「彼の目がこちらを見ている」 タバコの煙で顔を隠したって、その 視線が僕を貫いて 飽き飽きしてんだ 薄汚れたこの生活から救ってくれ このどうしようもない日々の傷口か ら溢れ出した灰色の夢 これが何者にもなれない僕らが見て いる未来 このままじゃ、どうしようもない僕 が吐き捨てた彼を呪う言葉も届かぬ まま 彼は罰すら与えてはくれないのさ、 この僕の愚かさに どうしてこんなに、僕の生活は 昨日にだって今日にだって明日にだ って不条理に貫かれ どうにもできない、凡庸な街の隅で 天を仰いで唾を吐いても 「彼が僕を救ってくれるの?」 紫の煙が泳いで 「もうそろそろ終わらせてくれない か」


Posted By: cerc3oav6
Number of PetitLyrics Plays:26





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2024 SyncPower Corporation


Page
Top