Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > パラロジクスノート
パラロジクスノート

Artist:H△G  Album:f分の1ゆらぎ  Composer:H△G 

  • Bookmark this page




手のひらで転がすペンは、 想いを描くものだった。 白く覆う校庭の雪は、 僕の夢をも隠していた。 諦めたくはないと 窓辺で突っ伏をして、 教室に響く声は あまりに無邪気で楽しそうだった。 パラパラ降る雪、映り込んだ。 ポロポロ落ちる涙の意味を 溶かして消した。 パラパラ崩れる僕の夢は、 ボロボロになった僕のノートに 書き残していく。 何枚も重ねた紙は、 僕の世界を表した。 夢に見てた未来の僕は、 夢を捨てていたみたいだ。 諦めたくはないと 強がったあの日々は、 逃げてしまいたいなんて 気づかず過ごした。


Posted By: 真白
Number of PetitLyrics Plays:65





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top