Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 花燈の恋文
花燈の恋文
  • Bookmark this page




揺れる薄紅が水面に咲く度 遠いあの日々が心掠めていく 僅か一瞬の重ねあったひととき 胸を衝ような季節はせつない夢 忘れたくない永久に温もりがある 何度離れて廻り逢っても きっと抱きしめて伝えたいから 櫻の夜「いろはにと…」 寄せるこの想い 遠い約束乗せた恋文 幾年を繰り返し数えようと 変わらない したためよう「いろはにと…」 言葉にできない麗し君の面影 またその瞳に出逢えますか? (月が照らす) 花燈に染まれ暁の恋 淡い花びらが目隠しをするように 空を舞い躍る季節はせつない夢 時が経つほど色褪せぬ微笑みがある どんな姿に変わろうとも きっと覚えてるたった一人を… 信じている「いろはにと…」 綴る言の葉は いつの日かその胸へと届く 満開の満天の香りの下出逢おう 春を飾る薄紅よ聴こえていますか 美しい君の幻


Posted By: AZU
Number of PetitLyrics Plays:796





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top