ログイン  | 新規登録
歌詞投稿コミュニティ「プチリリ」

TOP > 歌詞 > あの夏が飽和する。
あの夏が飽和する。

アーティスト:カンザキイオリ  アルバム:ボカロ 

  • お気に入り登録




「昨日人を殺したんだ」 君はそう言ってた。 梅雨時ずぶ濡れのまんま、 部屋の前で泣いていた。 夏が始まったばかりというのに、 君はひどく震えていた。 そんな話で始まる、 あの夏の日の記憶だ。 「殺したのは隣の席の、いつも虐め てくるアイツ。」 もう嫌になって、肩を突き飛ばして 打ち所が悪かったんだ。 もうここには居られないと思うし、 どっか遠いとこで死んでくるよ」 そんな君に僕は言った。 「それじゃ僕も連れてって」 財布を持って、ナイフを持って、 携帯ゲームもかばんに詰めて、 いらないものは全部、壊していこう あの写真も、あの日記も、今となっ ちゃもういらないさ。 人殺しと、ダメ人間の君と僕の旅だ そして僕らは逃げ出した。 この狭い狭いこの世界から。 家族もクラスの奴らも何もかも全部 捨てて君と二人で。 遠い遠い誰もいない場所で二人で死 のうよ。 もうこの世界に価値などないよ、人 殺しなんてそこら中湧いてるじゃん か。 君は何も悪くないよ。君は何も悪く ないよ。 結局僕ら誰にも愛されたことなかっ たんだ。 そんな嫌な共通点で僕らは簡単に信 じあってきた。 君の手を握った時微かな震えも既に 無くなっていて、 誰にも縛られないで二人、線路の上 を歩いた。 金を盗んで、二人で逃げて、 どこにも行ける気がしたんだ。 今更怖いものは、僕らにはなかった んだ。 額の汗も、落ちたメガネも 「今となっちゃどうでもいいのさ。


投稿者: カタリン
プチリリ再生回数:866







日本語English

利用規約プライバシーポリシー許諾情報運営会社お問い合わせヘルプ
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top