Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 夏のかけら
夏のかけら

Artist:nobodyknows+  Album:5MC & 1DJ  Composer:DJ MITSU 

  • Bookmark this page




ツレと和んで見る 夕日も暮れだす夜 少し口に残る 甘いカキ氷のように 早く溶ける夏 あぁ この海だって 子供になって 見れる時間のような気がした 来年の夏まで また明日 ピークすぎた8月のlast day いくつになっても まだfirst name で 呼び合う仲間とドラマ 作れた俺らと夏とで 今年の海はこれでラストだぜ (あっそうね 水着も着ないとダメ?) なんて言いながらもバカな話 騒ぎ出したオレは羽を伸ばす 車飛ばすこと2、3時間 みんなで来なひがんじまう くだらんことを自慢し合う はしゃぎっぷりはまるで中学生並 み 歳とる度 緩む体と涙腺 下っ腹つまんで得意気 冴えない でもとにかく絶えない笑い声 こんなのって そうそうはないよね so 釣りなら向こう側の方 竿 脇に抱えて行こうぜ 道路に車止めて すぐ後でと 走り出したオレ 跨ぐガードレール (夕食の分まで用意しとくの?) なんてやる気だけは充分 揺れる浮きを眺めたまま 眠ること 約数十分 ツレと和んで見る 夕日も暮れだす夜 少し口に残る 甘いカキ氷のように 早く溶ける夏 あぁ この海だって 子供になって 見れる時間のような気がした 来年の夏まで また明日 お日様はまだごきげん「待ってるぜ 」 何だって水着はもう穿いちゃって 着替えはなくたって乾くっしよ(え ー) 取り返せ夏 だなんてはしゃぐと 潮の香りして 見えた海原 憂さ晴らしとか 膨らむ話に 来たぜbeach パラソル広げ 急げ 日差しある今 海に飛び込め


Posted By: エビやん
Number of PetitLyrics Plays:48







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top