Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 遺書
遺書

Artist:ぼくのりりっくのぼうよみ  Album:没落  Writer:ぼくのりりっくのぼうよみ  Composer:ぼくのりりっくのぼうよみ/Loyly Lewis(ケンカイヨシ)  Release Year:2018-12-12  Number:VICL-65078

  • Bookmark this page




拝啓 見知らぬ誰かへ この音が届いた宛先まで 墨を落とす、一文字たりとも 無駄にしないよう 満ち足りないよう 数多の言葉を綴ってきましたが 致し方ないことだけが確かな 事実なんだと明らかに見ています 斑目に居ます 一面の銃口に囲まれて暮らすような気持ちです 蜂の巣にされるのもそう遠くない未来でしょう そんな景色が脳裏を過ります 次第にそれしか考えられなくなっていきます 私が筆を置くことにした理由です これが最後の手紙です 天国に辿りつくまでの 僅かな猶予さえ 永い永い走馬灯のなか 彷徨う命でしょう 永久に思うほど 耐えられぬ退屈を 遺書に記して 判決の時を待つ "あなた"に届いたかはわからない ただ此処にこの言葉は残っている 正解か不正解か やってみなければわからないというのが 結局のところです 丹精込めて育てた偶像を 今日を持って破壊することに決めました お世話になりました またどこかでお会いできることを祈っております 祈っております


Posted By: PetitLyrics
Number of PetitLyrics Plays:1980





日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2021 SyncPower Corporation


Page
Top