Login  | Register
Lyric Posting Community「PetitLyrics」

TOP > Lyrics > 神仏習合怪し話 宵闇人形峠
神仏習合怪し話 宵闇人形峠

Artist:山本 正之  Album:山本正之 歴史シリーズアルバム 怒涛日本史・天下はいらない  Writer:山本正之  Composer:山本正之  Release Year:2018  Number:BXCA-1025

  • Bookmark this page




浄土宗の開祖さま~~ 浄土真宗の開祖さま~~ ポクポクポクポク チーン グーグー イタタタタッタッタ 欽明天皇十三年 壬申の年 百済を離れた 一人の僧が 大和に辿り着く 天竺インドの 釈迦牟尼釈尊の 悟りの教え 広めたり ここに 仏教伝来 時の日本の権力者 蘇我と物部 また喧嘩する 蘇我は仏を擁護して 寺を建て始め 物部新しもの嫌い 社を直す やがて農民 武者 貴族 誰もが唱える お念仏 渡る国中 あちこちで 南無阿弥陀仏 聖徳太子が云いました 仏 法 僧 を敬えと 聖武天皇が建てました 国分寺のボカンな響き 玉虫厨子の 中身はナンダロナ 柱のエンタシスは 眼の錯覚 弥勒菩薩が アルカイックスマイルで 末法の 千年地獄世を 救います ところがこれを喜ばぬ 人々がいる 神道祀る 禰宜やら巫女やら 不満たらたら 日の本の民が 拝み奉るは 天地の初め 高天ヶ原に 在られた神々だ 時の僧侶の実力者 最澄 空海 ヤバイと察し 高野山金剛峯寺 比叡山延暦寺を 開くとき お山の神様拝んだよ がらがらどんどんどん これで漁師も 商人も みんな一緒に ナンマイダ がらがらどん 本地垂迹 神仏 ひとつに結ぶ 大日如来が天照大神 石清水八幡は弥陀三尊 大黒様が大国主命 天雨津女が弁財天 神仏習合 神社寺院握手 祝い挨拶 銀二百持って 京都東寺から 出雲大社へ 御坊お一人 人形峠にさしかかる 鳥取県と岡山県 伯耆美作国境 千年後の 昭和の御代に ウラン鉱脈出る処 人形峠の 茶店でひと休み 甘酒団子 運び来る お婆々が感づいた


Posted By: machine
Number of PetitLyrics Plays:4







日本語English

Terms of UsePrivacy PolicyLicensing InformationOperating CompanyContact UsHelp
© 2020 SyncPower Corporation


Page
Top