ログイン  | 新規登録
歌詞投稿コミュニティ「プチリリ」

TOP > 歌詞 > YOKOHAMA blues
YOKOHAMA blues

アーティスト:SEKAI NO OWARI  アルバム:YOKOHAMA blues 

  • お気に入り登録




YOKOHAMA blues 潮の風にのって 君の香水の香りがした 気がして振り返る 君のいないこの街 君と離れてどれくらいだろう いつも会うのは横浜だった あれから僕も少し変わって 大変だけれどもなんとかやれてる あの頃話した夢も叶って 幸せなのかと思ったけれど やっぱりそうはいかなかったみたい 僕は今立ち止まっている 名が売れていいこともあった けど悲しいこともあった 照れてるし 仕方ないことだから 今さら 何か言うことも無いけど ただちょっと疲れただけだと思うん だ 「困った時だけ私なのね」 と君に笑われそうだな “だけ”に目一杯の嫌味を込めて YOKOHAMA blues 潮の風にのって 君の香水の香りがした 気がして振り返る 君のいないこの街 君と出会ったのはいつだったかな いつも君を泣かせてた気がする 世の中は何だか息苦しくなったね 炎上だなんだと騒いでさ 遊びみたいに嬲り殺してた 子供たちはそれをずっと見てたんだ 僕もそれを見てたんだ


投稿者: tsukushi
プチリリ再生回数:0







日本語English

利用規約プライバシーポリシー許諾情報運営会社お問い合わせヘルプ
© 2019 SyncPower Corporation


Page
Top